AGAになる前の前兆としては、頭皮に変化が表れた場合もあります。頭皮に何か変化を感じるということは、その状況によってはすでにAGAが進行していることも考えられます。少なくとも頭皮の異常はAGAはもちろん、それ以外のトラブルを招きやすいので注意しましょう。

 

頭皮の変化としては、まずかゆみがあります。もちろん何日もシャンプーをしなかったりすれば、頭皮がかゆくなりますが、かゆくなるという事は何かしらの肌トラブルが起こっている証拠でもあります。

 

特に、皮脂の過剰分泌があると、余分な皮脂により頭皮が刺激を受けてかゆくなっている可能性もあるのです。頭皮がかゆくなっているだけならいいですが、それを放置していれば皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まってAGAになってしまうこともあるのです。

 

そして頭皮を触ってみて硬くなっている場合もAGAの前兆である場合もあります。頭皮が硬くなっているということは頭皮の柔軟性がなくなっているということです。

 

頭皮の柔軟性が悪くなると皮膚の下を流れる血液の流れも悪くなり、栄養が毛母細胞に行きとどかなくなるのです。そして頭皮の柔軟性がないと、毛穴にも皮脂や汚れが詰まりやすく、落ちにくくなってしまうのです。

 

また、頭皮が赤くなっている場合も注意が必要です。赤くなっているということは、原因はなににせよ炎症を起こしている状態です。もちろん日焼けなどで赤くなっているケースもありますが、普段の状態で赤くなっている方は近いうちにAGAが始まる可能性もあるので、すぐにでも対策をしましょう。